趣味のアロマテラピー、仕事にして収入を得られるの?

2018/08/05

趣味で始めたアロマテラピー。

今はアロマテラピーの資格を生かして、アロマテラピーを教える仕事をしています。

勉強を始めてから仕事にするまでの経験をご紹介します。

私が仕事を始められたきっかけと、仕事がどう繋がっていったのかという経験が

アロマテラピーに興味を持っている方が勉強するきっかけとなったり

アロマテラピーの資格を取得するきっかけとなったり

資格を生かし仕事をしようと思えるきっかけとなれば・・・

そんな想いでこのブログを書いています。

 

コープベルデ文化教室アロマテラピー講座

趣味で始めたアロマテラピー

アロマテラピーに興味を持ったのは、会社勤務をしていた時。

金融機関で、ミスが絶対に許されない仕事をしている頃、癒しの時間を求めてアロマスクールに通いました。

色々な香りに出会い、すっかりアロマテラピーの世界にハマってしまいました。

スクールの講座を受講している中で

「私なりの伝え方でアロマテラピーを教えて広めたい!と思った」こと

「かねてより何かを教えられる人になりたいと思っていた」こと

「手に職が欲しいと思った」こと

「元々色々な資格を取得するのが好きだった」こと

これらの理由から、アロマテラピー2級と1級を受け、アロマテラピーアドバイザー資格を取得しました。

 

アロマテラピーの上位資格をめざす?他の資格にチャレンジする?

その後、専門資格のインストラクター資格を取得するかどうかは、勉強するために費用がかかるため悩みました。「単に資格を取るのが好き!」という当時の私は、アロマテラピー以外の他の資格にお金をかけようともしました。ですが、当時の私は結婚により仕事を退職しており、自分で自由に使えるお金が独身時代のようにはなかったため、資格取得に関するお金の使い方についてしっかり考えました。大切なお金を使うからには収入に結びつけたかったので、様々なことに手をつけるのではなく、一度始めたことを突き詰めて進んでいった方が自分のためになる!と思い、アドバイザーの上位資格であるインストラクター資格を取得し、アロマテラピー講師を目指すことにしました。この時から、色々な資格を取得するジェネラリスト志向→一つの道に進むスペシャリスト志向に考えを変えました。

アロマテラピーの勉強

 

アロマテラピーインストラクターになるまで

いざインストラクターになりたいと決意しても、どう勉強していいのかさっぱりわかりませんでした。

というのも当時はインストラクター試験のテキストがなかったのです。

試験範囲あいまいで、試験の対策問題集などもない状態で、独学で勉強するのは困難でした。

参考図書を見てみたり、ネットで情報を集めてはみましたが、合格できる気がしなかったのでスクールを探しました。

結局、近くには認定スクールがなかったのですが、試験内容について独自のテキストを作って教えている先生を見つけたので教えてもらうことにしました。

勉強を始める前に一番はじめに先生に聞いたことは

「アロマテラピーで仕事ができますか?」でした。

私の先生は、「仕事になります!」とはっきり答えてくれました。

先生は、アパートの一室でアロマテラピートリートメントが主のお仕事をされていましたが、インストラクターとして「アドバイザー対策講座」や「インストラクター対策講座」、「各種アロマクラフト講座」をされていました。東京まで行ってAEAJ認定アロマテラピーインストラクターとセラピストの資格を取得後、ハワイでトリートメントの資格を取得され、北海道だけでなく色々なところにアンテナを張って活躍されていました。

そんな先生の仕事をされる姿に刺激を受け、私も「アロマテラピーで仕事をしよう」と意志を固めることができました。

当時は認定スクールを卒業していれば、2次試験が免除になったという制度だったのですが、私は認定スクールではないところで勉強したので、マーク式の1次試験と、1次試験より難易度の高い筆記問題の2次試験の両方を受験しました。勉強期間は約半年間、解剖生理学や精油の科学、精油の学術名など覚えることがとにかく多く、学生時代のように久しぶりに勉強しました。

近くに認定スクールがなく、東京まで行って泊まりこみで苦労してインストラクター資格を取得された私の先生は、その場しのぎの勉強で合格したのではなく、頭の中に試験に必要な知識がしっかりとインプットされていたため、私が授業前に詰め込みで勉強しているということを見抜き、丁寧にそして厳しく指導くださいました。完全な独学だと、自分のペースになるのでついついテスト前ギリギリに焦って勉強してしまうのですが、教室に通うと、次の授業までに復習して宿題をして、予習をしてから授業を受けるので、勉強のペースができて良かったです。そして頭に入っていない重要な用語などを指摘してもらって、自分の勉強不足や弱点を毎回認識できた点も良かったです。そのおかげで無事に、1度目の受験でアロマテラピーインストラクター試験に合格することができました。

アロマテラピーの勉強中にハーブティーで一休み

 

アロマテラピーで仕事をはじめられたきっかけ

資格を取得した後、資格を仕事に結びつける方法がわからないというのが、皆さんが心配されることなのではないでしょうか?

アロマ環境協会が配信してくれる求人情報で、仕事先が見つけられた方もいらっしゃると思います。ただ、地方は求人が多くはありません。

私がアロマテラピーで仕事をするまでに経験をお話すると、

講師として仕事を始めようとしている時、帯広市にあるコープベルデ文化教室がちょうどオープンするタイミングで、講師の募集をしていました。「これはチャンス!」と早速応募し、面接を受け、講座の開講を認めていただきました。コープベルデ文化教室は託児ルーム併設で、子どもを預けて講座ができることも、1歳の子がいた私にはかなり魅力的でした。

また一方で、帯広に引っ越したばかりで友達がいなかったため、ママ友との出会いを求めて子育て広場や色々なイベント、講座へ出かけていた頃でもありました。そんな中出会った「小さな子どもを育てながらお店をしているママ友」に出会い、そのお店でアロマ講座をさせてもらえることになったことも、講師としての活動を始めるきっかけでした。

そして、子育てママ向けイベントにアロマクラフト作りで出店されていたアロマの先生に「私もインストラクター資格を持っているのですが、何かボランティアでも良いので手伝わせてもらえませんか?」話しかけてみたところ、インストラクターとしても経験談を教えて下さり、連絡先の交換をして、ご自宅に呼んでいただくなどとても親切にして下さいました。そして子育てママ向けイベントに誘っていただき、イベントデビューをすることができました。

キラキラフェスタ帯広

イベントデビューしたのがキラキラフェスタ帯広 今でも毎年出展しています♪

 

人とのつながりを大切にすること

資格を取得してどう生かしたら良いのかと悩んでらっしゃることがたくさんいらっしゃると思います。私の場合は、「たまたま文化教室が開設されるタイミングだった」という運と、人とのつながりがきっかけで活動を始められた気がしています。講師として出始めで今後の活動について模索している頃、アロマ講師の先輩に言われた「ひとつの出会いや講座がき繋がっていくと思う」という言葉、これは本当だと実感しています。出会いと一つ一つの講座を大事にしていけば、少しずつ道は開けていきます!例えば、私のケースだと、友達を作りたくて子育てサークルに入っていたのですが、そこでメンバーにアロマ講座をしたところ、その会に参加された方が、違う会でも講座をしてもらいたいと声をかけてくれることが数度ありました。このように1度だけでなく、2度3度と講座に来ていただけるリピータさんや、口コミでの紹介があれば、仕事は繋がっていきます。仕事が繋がれば、はじめはわずかでも収入に結びついていきます。

余談にはなりますが、「こうなりたい!」と理想の自分を描き続けることも大切だと私は考えています。自分の頭の中にある理想の自分がしっかりしていると、その姿にだんだん近づいていけると思っているので、今でもこの先どうなりたいかということは良く考えるようにしています!

香りうちわ作り

体感温度を下げる!「香るうちわ」作り

アロマテラピーを仕事にしたい方を応援しています

資格を取得し、活動したい方応援しています!資格を取得した後の方向性について悩まれている方のお気持ちはよくわかっているつもりです。講座の中でご相談もお聞きしています♪ざっくばらんに本音をお話ししましょう!

 

Natural aroma life

北海道帯広市 JR西帯広駅から徒歩15分(詳細は個別にご連絡いたします)
営業時間:   9時30分~ 不定休
電話番号:   050-3702-5430
参加人数:   一人様からご受講いただけます
キャンドル料金:体験レッスン3000円材料費込み~予約制
アロマ料金:  体験レッスン講座代1500円材料費別途~予約制

ご希望の日時に合わせられない場合がございますので、恐れ入りますがご予約のお電話はお早目にお願いいたします(目安1~2ヶ月前)

 

お問い合わせ|natural aroma life

 

アロマ教室メニュー

アロマテラピー体験レッスンからアロマテラピー検定対策講座まで、お一人お一人のペースに合わせた講座を行っております。

アロマに興味をお持ちの方はぜひ勉強を始めてみませんか?

内容はこちらのページもご覧下さい→click!


-アロマテラピー, ブログ, 仕事, 資格
-,