WEBマーケティング ブログ

商品を売るために必要なのはLINE?メルマガ?

おなじみのメルマガ(メールマガジンの略)は、企業などからメルマガ購読希望者に対して一斉に配信されるメールのことです。

LINE公式アカウントも、メルマガと同じように、LINE(ライン)というアプリ上で企業などからユーザーへダイレクトに情報が届けられます。

LINE公式もメルマガのように使えるなら、LINEとメルマガどっちを使うと良いのでしょうか?

商品サービスを売るためにLINEやメルマガを使えば十分なのでしょうか?

この疑問についてまとめてみました。

LINE公式とメルマガ、どちらを使うと良いの?

商品、サービスを売るために、LINEかメルマガを使えば十分なの?

 

LINE公式とメルマガの違い

メルマガは、メールアドレスをお持ちの方のほとんどの方が、一度は受けとったことがあると思います。そのためお馴染みですよね?!

LINE公式は、LINEユーザが、登録した企業や店舗から情報を受け取ることができるサービスです。LINEは、大企業向けサービスを「LINE公式アカウント」、中小企業や店舗向けのサービスを「LINE@(ラインアット)」として2種類提供してきました。この2つが2019年4月に統一され、1つのサービスになり「LINE公式アカウント」になりました。

無料のLINEスタンプが欲しくて、企業のLINE公式アカウントを登録したことはありませんか?最初はスタンプ欲しさでも、興味がある企業や店舗のLINE公式アカウントに登録すると、メルマガのように企業の商品やサービス、キャンペーン情報がLINE上に配信されます。

「情報が欲しい企業や店舗の情報が受け取れる」という点では同じですが、LINEとメルマガで違いはあります。

 

LINE公式のメリット

開封率の高さが一番のメリット

一番のメリットはメルマガよりも開封率が高いことです。

QRコードを読み取れば簡単に登録できるので、登録しやすいのもメリットです。

メルマガの開封率は30%程度、LINE公式は70%程度というデータもあるようです。

それ以外のLINEのメリットは

  • LINEアカウントを登録してくれたユーザーからの問い合わせを、「トーク」で受け取ることができ、回数制限なしでやり取りすることができる。
  • ユーザーに直接メッセージを送信するだけではなく、LINEのタイムラインに情報を配信できるのでブログ的に利用できる
  • クーポンやアンケート機能がある
  • 月1,000通までは無料で利用できる(1,000通以降は有料)

 

メルマガのメリット

購入率の高さが一番のメリット

商品やサービスの購入率はメルマガの方が高い

メルマガの購入率は50%程度に対して、LINEの購入率は5%以下というデータもあるようです。

それ以外のメルマガのメリットは

  • メルマガは長文を送ることができるため、情報を盛り込むことができる(LINE公式は1吹き出し500文字まで)
  • メールアドレスを持っている人は多いので、幅広い年齢層に情報を届けることができる
  • メルマガ配信システムは様々あり、通数が少なければ無料で使えるものもある

 

LINE公式とメルマガを比較|メルマガが使いやすい理由

LINE公式とメルマガを比較して、どちらが使いやすいかは色々な考え方がありますが、私はメルマガの方が優れていると感じました。その理由は、メルマガは「お客様を分類して、必要な情報を必要なお客様にだけ配信できるから」です。

例えば、 教室をしている先生が、趣味でレッスンを受けている生徒さんと、プロとして先生を目指す生徒さんに、別々の情報を配信することが出来るのです。

情報を分ける理由は、趣味でレッスンを受けたい生徒さんと、プロを目指す生徒さんが求めている情報は違います。

必要な人に必要な情報だけをお届けしないと、「関係のない情報ばかりがくる」と判断され、登録解除やブロックされてしまいます。

そのため「お客様を分類して必要な情報だけ届ける」ことが大切なのです。

 

そもそもLINE公式やメルマガは何のために必要なの?

LINE公式やメルマガは、集客のために行うと思っていませんか?

自分の商品やサービスを知らない人に知ってもらう=集客は、LINEやメルマガの役割ではありません。

LINEやメルマガを配信する理由

  • 見込み顧客をキープするため
  • 質の高い顧客を獲得するため
  • 商品を開発する前に、見込み顧客を獲得しておくため
  • フィードバックをもらい、商品サービスのブラッシュアップを行うため
  • 顧客満足度を高めるため

つまり、LINEやメルマガは「商品やサービスを知ってもらった後に、お客様の質を高め、継続的に買ってもらえるお客様を増やす」ために使います。

商品やサービスの良さを知ってもらい、自分のファンになってもらって、「お金を出しても、あなたの商品が欲しい」と思ってくれるお客様を増やすために必要なのです。

 

WEBマーケティングとは?を知らないとLINE公式もメルマガも活用できない

神レシピWEBマーケティングの全体像

WEBマーケティングの全体像の一部 引用元:コレット流WEBマーケティングの神レシピ

 

WEBマーケティングの全体像がわかっていないと、LINE公式やメルマガを何のために配信するのかを見失ってしまいます。

「集客=知ってもらう」→「教育=ファンになってもらう」→「購買=買ってもらう」という商売の流れをWEBで行う場合、WEBマーケティング知る必要があります。

WEBマーケティングとは、「WEBで売れる仕組みをつくること」です。

テレビCMや雑誌の広告、新聞の折り込みチラシなどではなく、インターネットで売れる仕組みを作ることです。

WEBマーケティングで使う具体的なメディアは、アメブロや、Twitter、Facebook、Instagram、You tubeなど様々あります。

商売をしている方でFacebookやInstagramなどを使っている方が多いと思いますが、今使っているメディアで行っていることは、WEBマーケティングのうちの一部です。

「知ってもらう」ところから「ファンになってもらい、継続的に買ってもらう」というマーケティング全体の流れの中で、「どのメディアをどのタイミングでどう使うのか」、「必要な情報を届けるにはどのメディアが最適か」を知らなくては、売上に繋がりません。

WEBマーケティングの全体像を知ると、LINE公式やメルマガの使い方も変わると思いますよ!

 

WEBマーケティングを学ぶ方法は?

私がこのような記事を書けるようになったのは、coletto(コレット)でWEBマーケティングを学んだからです。

WEBマーケティングの教科書となる動画講座(coletto流webマーケティングの神レシピ)を受講しました。

神レシピイラスト

受講して変わったこと

  • WEBマーケティングを理解して、自分の商品やサービスを売るために、今自分がすべきことが見えた
  • WEBマーケティングの全体像を知ることで、商売をどう改善していけばいいのかわかるようになった

2021年1月からは購入者限定のオンライン勉強会も予定されていて、ただ動画を見て終わり!という講座とは一味違います。

顧客のアフターフォローまでしっかりと考えられていて、さすがWEBマーケティングを知り尽くした実績のあるSEOの先生たちの講座です。

商売をされている全ての方におすすめです!

コレット流のWEBマーケティングを学ぶ

WEBマーケティング講座に申し込む

インターネットで売れる仕組みを作りたい方はこちらへ

 

 

-WEBマーケティング, ブログ

Copyright© 北海道帯広市アロマ・花キャンドル・ハーバリウム教室Natural aroma life , 2021 All Rights Reserved.